「ローキートーン珈琲店」のブログです。
コーヒー豆&カフェ&お菓子&コーヒー器具 のお店です。
世田谷区・小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅から徒歩2分ほど
コーヒー豆の値上げはありませんか?

Q
「コーヒー豆の値上げはありませんか?」

11月頃からよくお客さまに聞かれました。
(ニュースなどによく取上げられていましたね)


A
確かに当店が使用しているコーヒー生豆原料は、ほぼ全て値上がりしています。
(円安、生豆相場上昇、高品質豆のニーズの高まりの影響など)

ただ、当冬の期間は値上げはありません。
(春からの価格は未定です。ただ今主に仕入れ方面で試行錯誤中です)



当店は、商社さんとあらかじめ半年〜1年ほど先々の契約を済ませています。
(第一にいい豆は先に契約しないとなくなるため。また以前の相場高騰時から変動リスクを少しでも抑えるため)

それでもしばらく前から生豆は値上がりしていました。
値上げも考えなければ(もう既にいろんな検討や対策は尽くしてきたので)とも思いましたが、
みなさんお客さまのおかげで何とか乗り切ってきました。

これは、お店のコーヒー豆販売量が順調に伸びて、みなさんからいただく利益をひとつあたり減らすことができました。
このため原料が上がっても、価格は維持できました。

ただお店もその分忙しくなり、みんなスタッフもがんばってくれていますが、
お店としてお客さまに応えられないタイミングが多くなり、スタッフ数の補強もちょっとずつですが、実行しました。
今後もお客さまに応えられないことを考えるとさらに次を考えなければいけない段階になってきました。

また、最近になって生豆が一段と値上がり傾向です。
先々を見通すとちょっと難しいかもと思ってしまいますが、ここは諦めず道を模索します。

ということで、当店秋〜冬の値上げはしません(先々は未定ですが)。

 



いいものをリーズナブルに!というお店
わたしの強いイメージ。

継続して実行していくことはそれほどたやすいものではありませんね。
でも全くできないことでもありません。


現状高くていいものは以前よりも手に入る感覚です。
(とってもうれしい流れです。以前からの流れが加速してすごくわくわく面白い時です)
いいものだから高くなって当然だとも理解できます。
それを理解していただくように努めているお店さん達にも共感はできます。
(でも最近正直コーヒーって高いねって思わざるおえない感覚もあります…)


当店の流れは、「いいもの」にスポットをあてる全体的な流れがあります。

ただ一方で時流にあったいいものじゃないいいものってないの?
つまりはリーズナブルでいいものないの?
(当たり前ですが、よくないもので安いものはいまでもたくさんあります)

いいものの指標が整備されている印象がある一方
その見方から外れていいものは精力的に模索しないと見えてこないかもしれません。


コーヒーだけじゃなくて、いろんなものを考えていくと
いいものをリーズナブルが正しいことなのかも悩ましいのですが…

どこかのバランスが欠く?


ただシンプルにぼくがお客さんだったらいいものがリーズナブルだったらうれしいです。


 
店主のQ&A(あかるい自問自答) / comments(0) / -
Comment